耐震診断・改修・シェルター・・・助成金

建築関係は、結構助成金が多いですね。

それなりに、条件は厳しそうですが、どうなんでしょうか?
・・・区に登録された診断士の無料派遣・・・
・・・木造住宅などについては、区の登録施工業者・・・
なんていう言葉が出てきますが、登録するのは難しいのでしょうかね?

他の地方自治体ではどうなんでしょうか?

今回は?だらけにしてみました。

— ネタ元:めぐろ区報 2009.5.5 —

~耐震診断助成~
要件:次のすべてを満たす場合
●昭和56年5月31日以前に建築された建築物である
●建築基準法令に適合している
●住民税、固定資産税を滞納していない
助成内容:
区に登録された診断士の無料派遣
診断に要する費用の50%以内(上限あり)

~耐震改修助成~
要件:次のすべてを満たす場合
●区が実施する耐震診断を受けた建築物である
●必要な耐震基準値を満たすための改修工事である
●木造住宅などについては、区の登録施工業者の施工である
助成内容(対象建築物により異なる)
 改修に要する費用の80%以内(上限100万円)
 改修に要する費用の30%以内(上限1,500万円)
 改修に要する費用の30%以内(上限150万円)

~耐震シェルター設置助成~
(家屋全体の改修工事が困難な高齢者世帯)
要件:次のすべてを満たす場合
●昭和56年5月31日以前に建築された木造2階建て以下の
住宅の1階部分に設置する
●65歳未満のかた(身体上の障害程度が1・2級のかたを除く)がいない世帯
●年間所得額が200万円以下の世帯
助成内容 設置に要する費用(上限30万円)

~住宅の除去に対する助成(6月から)~
(建て替えを前提)
要件:次のすべてを満たす場合
●昭和34年12月以前に建築された木造住宅で、所有者
自らが居住し、建て替え後も住み続ける
●住民税、固定資産税を滞納していない
●簡易診断による耐震性が不足している
助成内容:除去に要する費用の50%(上限50万円)

建築課受付係(5722-9642)

~相談窓口~
 専門相談員が耐震診断や耐震改修などの相談を受
けています
日時:毎週水曜日13:30~15:30
会場:総合庁舎本館6階建築課
■建築課構造設備係(5722-9490)

— —

SKSコンサルティング

広告

タグ: , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。