住宅に関する助成制度

アスベスト除去、だけでなく、イロイロあります。
リフォーム業者の皆さん、上手に営業してますか?

最近は、相当に建築コストを下げられたり、仕事が途中でストップしたり、
大変なことが多いようです。

こんな制度は、上手く利用したいですね。
特に、高齢者や障害者に関しては、リフォームは必須でしょうから、
お客様にも喜んで頂けて、
施工業者も、ちゃんと利益をとれる・・・

そんな風になるといいですね。

(結構、たくさんあって、ブログにアップするのが面倒でした、、、)

住宅に関する助成制度(目黒区)
— ネタ元:めぐろ区報・掲載 2009.4.15 —

H21年度家賃助成
いずれも基準日現在、区内に引き続き1年以上居住していることが必要です
(住宅応急改修仮移転先家賃助成を除く)。
所得要件など詳細はお問い合わせください。

制度/内容(基準日)/募集時期など

「ファミリー世帯家賃助成」
内容:月額2万円を2年間助成(基準日:4/1)
募集時期:7/1(水)~22(水)40世帯募集
対象世帯:一定の住戸面積未満の民間賃貸住宅に居住し、
18歳未満の子を扶養かつ同居している世帯

「中堅ファミリー世帯住み替え家賃助成」
内容:一定の住戸面積未満の住宅から以上の民間賃貸住宅へ転居したかた、
または住環境・利便性向上のため転居したかたに、
転居費用の一部(10万円または15万円)と
転居後家賃の一部(月額2万円または3万円を3年間)を助成
(基準日:申請日)
募集時期:随時(転居前に申請が必要)60世帯募集
対象世帯:民間賃貸住宅に居住し、18歳未満の子を扶養かつ同居している世帯
または母子手帳の交付を受けている出産予定者がいる世帯

「高齢者世帯等居住継続家賃助成」

内容:基準の家賃(1人世帯10万円、2人世帯11万円、
3人以上の世帯13万円)
内の民間賃貸住宅に居住している世帯に、家賃の最大2割を5年間
助成(基準日:4/1)

募集時期:6/1(月)~19(金)80世帯募集

対象世帯:
・高齢者世帯
 65歳以上のひとり暮らし世帯または全員が60歳以上で65歳以上のかたを含む世帯
・障害者世帯
 身体障害者手帳(1~4級)・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちのかたがいる世帯または精神障害により障害年金を受給しているかたがいる世帯
・ひとり親世帯
 扶養している18歳未満の子とひとり親のみの世帯

「高齢者世帯等住み替え家賃助成」

内容:賃貸住宅に建て替えるための立ち退きまたは老朽化が著しいなどの
理由により、民間賃貸住宅から転居する世帯に、転居後家賃・更新料の一
部を助成。月額上限3万円(基準日:申請日)

募集時期:随時(転居前に申請が必要)

対象世帯:
・高齢者世帯
 65歳以上のひとり暮らし世帯または全員が60歳以上で65歳以上のかたを含む世帯
・障害者世帯
 身体障害者手帳(1~4級)・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちのかたがいる世帯または精神障害により障害年金を受給しているかたがいる世帯
・ひとり親世帯
 扶養している18歳未満の子とひとり親のみの世帯

「住宅応急改修仮移転先家賃助成」

内容:耐震補強工事、アスベスト除去工事による自宅改修時の
仮移転先(民間賃貸住宅)の家賃を助成。月額3万円を最長6カ月

募集時期:随時(転居前に申請が必要)30世帯募集

対象世帯:区内に居住用住宅を所有し、居住している世帯
(1年未満の居住でも可)

住宅改修等に関する資金の助成・融資あっせん

~自宅リフォーム~資金助成
ご自宅のリフォーム工事費用の一部を助成します。工事着工前に申請してください。
詳細はお問い合わせください。
【工事要件】申請時に未着工の、区内にある居住用住宅(専用部分のみ)の改修工事で、
次の①または②に該当し、22年2/28までに完了する20万円以上(消費税抜き)の工事
①16年4/1以降にこの助成を受けたことがない住宅のリフォーム工事
で、区内業者の施工によるもの②吹き付けアスベストなどの除去工事(1住宅1回のみ)
【申込資格】次の(1)(2)を満たす区内在住者
(1)工事する住宅に住んでいる所有者か同居の親族、または工事する住宅が親か子の所有である居住者
(2)住民税を完納している
【助成額】工事経費の5%(上限10万円。アスベスト除去工事は上限20万円)。
予算額に達した時点で受け付け終了

~住宅修築資金融資あっせん~
区内に所有または居住している住宅の修繕・増改築資金が必要なかたに、
信用金庫へ融資をあっせんします。
【貸付要件】次のすべてを満たす区内在住者
①区内に所有または居住している居住用住宅の修繕・増改築(共同住宅の共有部分も含む)
②融資を受ける資金の償還能力がある
③住民税を完納している
④工事着工前の申し込みである
⑤目黒区住宅修築資金融資を返済中でない
⑥原則として都内に連帯保証人がいる、または「しんきん保証基金」による信用保証を利用できる
【融資限度額】700万円(工事見積金額の範囲内)
【返済期間】5年以内(200万円以上の貸付金額は10年以内)
【利率】年利2.2%(固定。4/1現在)
●共同住宅の管理組合などを対象とする融資あっせんもあります

問合せ先:住宅課居住支援係(5722-9878)
— —

SKSコンサルティング

広告

タグ: , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。